ミライ日記

結果が何よりも大事、絶対に

性格は良いが手術を失敗する医者

性格は悪いが手術を成功する医者

 

自分の大切な人が手術しないと助からないという状況で

 

どっちの医者に手術を任せますか?

 

僕は絶対に後者

 

結果が全て

 

以前まではそう感じなかったが

 

最近まじで結果が全てだと思う

 

医者は例外だよって思ってる人

 

そんなことない!!!!!!

 

どんなことにも当てはまる

 

じゃあ、誰よりも勉強したからって試験官はそれを加味して採点してくれるのか?

 

人はその人の努力ではなく努力を重ねた成果で判断する

 

どれだけ頑張っても結果が出なければだめ

 

頑張るという判断は”自分”ではなく”他人”がするもの

 

だから”自分は頑張った”ではなく”あの人頑張ってる”が本来の姿

 

前やらせてもらってたインターン先でも、結果が出てない僕の意見なんて聞いてすらもらえなかった。

 

その時につくづく結果に対する社会の厳しさを実感した

 

だから頑張るのはあくまでプロセスであって頑張ることが目標であってはならない

 

そもそも頑張るのは当たり前というか

 

逆に頑張らないとかあるのか

 

その会社に入って仕事にやる気を出せないなら辞めるべき

 

もっと違うとこで活躍すればいいと思うし

 

そう思うと

 

仕事に対する価値観と経験をさせてくれたインターン先は感謝でしかない