ミライ日記.com

同じ1時間でも朝と夜では全然違う

 

朝起きてからの1時間と

 

寝る前の1時間

 

同じ1時間だけど

 

感覚的に朝の1時間の方が長く感じる

 

1日の活動時間が16時間だとして

 

起きた最初の1時間は 1/1 の時間である

 

寝る前の1時間は 1/16 の時間と考えることができる

 

これと同じことが

 

年単位でも言えると思う

 

5歳のときは1年が 1/5 なのに対し

 

20歳になると1年が 1/20になる

 

どんどん1年が  そして 時が経つのが早く感じる

 

 

毎日同じようなことをしていたら絶対に時があっという間に過ぎてしまう(時を忘れるほど集中するのとは違う)

 

 

ではどうしたら1日1日を子供の頃のように

長く過ごせるのか?

 

個人的には

 

・行ったことのないところに行く

 

・話したことのない人と話す

 

・未体験のことをする

 

この3つだと思う

 

これを1番手っ取り早くやるのは

 

旅をすること

 

行ったことのないところで

現地の人と交流し異文化に触れ合う

 

海外旅行じゃなくてもよい

 

車で1時間くらい走ったところに

ふらっと出かけるのもよし

普段行かないようなところを散歩するだけでも十分何か発見がある

 

もっと簡単にできる方法は

 

・本を読むこと

・ネットで情報を漁ること

 

本を読んだりネットで有名な人のドキュメンタリーを見るだけでも対話に近いことができる

 

グーグルアースでブラジルの街中を散歩することだってできる

 

それだけで満足しなければ

 

ハロートークで外国人の友達を作って

 

メッセンジャーで通話も異文化交流もできる

 

しかも無料で!!!

 

 

毎日、違うジャンルの本を読んで

 

違う国の人と会話をしてれば

 

そうそう飽きることはないし

 

毎日いろんな気づきがある

 

 

要は、いかに毎日楽しもうと思うかで

 

つまらないなら面白いネタを探せば良いだけ