ミライ日記

なぜヒトは批判するのだろう

 

個人的に、ニュースの読者のコメントを読むのが好きです

 

なぜかというと、1つの事柄に対して十人十色の見解を見ることができるから

 

ニュースピックスは非常にコメントを読んでいるだけでも勉強になるし

 

ヤフーニュースのコメントは人間臭くて好きです

 

 

西野さんの3借金がなかなかに盛り上がっているようですが

 

結構二極化しているなという印象

 

アンチの人って、

 

その事象が嫌いなのではなく

 

その人自体が嫌いなんだなと

 

個人的に、

 

ヒトにあった瞬間に

 

この人と合うか合わないかはだいたいわかります

 

ただ、合うか合わないかであって

 

好きか嫌いかではありません

 

逆に合わない人の方が多いくらいです

 

だからといって、合わない人が嫌いにはなりません

 

それに嫌いな人が何してたって正直どうでも良いと思ってしまうし

 

その人を否定したところで何か生まれわけでもないので

 

人に対しては批判はしないです(モノゴトにはよくイラっとしますがw)

 

嫌いって意外と”なんとなく”が多い気がします

 

理由があってもそれを深堀すると本本はなんとなくにたどり着く気がします

 

そんななんとなくで人を嫌いになってるのも馬鹿馬鹿しいし

 

そういう発言は負のオーラをまとっているので本人がスッキリしても

 

まわりがスッキリしなくなると思います

 

 

改善的は批判指摘なら全然嬉しいんですよね

 

なるほど!と思えるし 新しいことを学べるし

 

ただ、ヒトを否定されても変えようがないというか

 

そこからお互いに何が生まれるのだろうという状況になってしまう

 

 

ヒトって感情的になっているときは

 

どうしても先のことが見えなくなってしまいがちですが

 

1回深呼吸するだけで、結果は大きく変わると思いませんか??

 

 

P.S. 航空券の格安チケットキャンペーンは

なぜあんなに最安値を見つけずらいのでしょうか(笑)