ミライ日記

切符のおじさん

みどりの窓口で新幹線の切符を買おうと

 

列に並んでいると

 

僕の目の前の方が

 

大阪東京往復で障害者割引お願いしますと

 

一見、なぜこの方が障害者手帳を持っているのかわからなかった

 

身体に障害を抱えているようにも見えなかったし

 

普通に駅員ともやりとりをしていた

 

 

一見見えないからこそ何か起きた時に

 

誤解が生じてしまうのではないかと

 

 

障害者と彼らをラベリングしてしまうのは

 

決して良いことではないし、

 

そもそも障害者という括りを作ってしまうこと自体に疑問を感じるが

 

一見見えないからこそ

 

理解をしてもらえないことで

 

お互いに住みにくい環境を作り出してしまっているなと

 

 

自分に何かしらのハンデがあるということよりも

 

それを他の人に理解されないことが

 

苦しい