ミライ日記.com

やっと行けました 

某アイドルのライブに行ってきました。

 

f:id:miraixfuture:20180824002519j:plain

 

ずっと行きたくてかれこれ1年以上チケットを応募していたのですが

 

やっと当たりました。

 

そのアイドルグループやライブについて書いた記事は下にURLを貼っておくので

良ければ見てくだいさい。

 

ライブのことを書かれてもみなさんハテナマークが連発するので

 

ライブを通して感じたとこともう1つ体験したを書こうと思います。

 

後者から書きますね。

 

コンサート会場への道のりで名も知らぬアイドルグループのメンバーがビラ配りをしていました。

 

普通に可愛かったと思います。

 

きっと有名グループにいてもなんの不思議でもないです。

 

その時に感じたのは、ブランド力って本当に重要だなと感じました。

 

もしそのビラを配っている人が有名グループのメンバーならビラをもらうのに行列ができます。

 

しかし無名なのでビラさえまともに手にとってもらえない。

 

知名度って大切ですね。知っている知らないは天と地の差だと感じました。

 

一方、そのビラ配りの彼女は売れる見込みはあるなと感じました。

 

言葉が悪いとは思いますが他のアイドルグループの前でビラ配りって屈辱的だと思います。

きっと彼女も悔しい思いをしながらビラを配っていたのだと思います。

それでも立ち続け行動できる人が最後には脚光を浴びるのではと思います。

 

今は脚光を浴びなくても、

もしかしたらアイドルとしては日の目を見ることがないかもしれませんが

きっとあれだけの行動を起こせる人はきっと将来世の中にインパクトを残す人になると思います。

 

 

これが今日体験したことです。

 

ライブ中に感じたのは、

 

差別化について。ブランディングの話です。

 

オンリーワンの存在になることは本当に難しいと感じました。

 

売れているものの真似をすれば人気が出るかもしれません。

しかし、同じであれば2つなくていいんじゃないかと思う人も出てくるでしょう。

 

また需要に応えることが本当に良いとは限らないということです。

きっとその人の欲しているものに答えればその人は満足するかもしれません。

 

しかしそれは、その人が想定している範疇の満足です。

 

その人の想定を超えるような衝撃を与えるにはその人の想定にないとこをしなければなりません。

 

なので人がその価値や良さを理解するまでには時間がかかるかもしれません。

 

それでも辛抱強くやり続けられるか

 

これが大事なんじゃないかと思います。

 

今日のライブやビラ配りの女性を通して非常に学びの多い一日となりました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

アイドルやエンターテイメント、ブランディングに興味がある方はぜひ読んでください。

またコメントいただけると嬉しいです。

 

https://miraixfuture.hatenadiary.jp/entry/keyakizaka.01